大人ニキビを治したい|原因と改善方法

大人ニキビとは

毛穴の開き,黒ずみ,治す

 

「ニキビ」は20歳までにできる吹き出物のこと。それ以降なら呼び方が変わり「大人ニキビ」と呼ばれます。どうして呼び方が異なるのか…。それは、思春期のニキビと大人ニキビで原因が違うからなんですね。原因が違えば対処法も違う。だからこそ、症状は同じでも、呼び方を変えて区別するのは大切なことなのです。

 

 

思春期ニキビの原因

思春期にできるニキビの原因は、ホルモンバランスが不安定になることです。成長期には女性ホルモンや男性ホルモンの分泌量が突然増えますね。それに加えて成長ホルモンの分泌も活発になります。それに伴って皮脂の分泌量が増えます。皮脂の分泌量が増えれば毛穴も詰まりやすくなります。毛穴が詰まったところにアクネ菌が繁殖することで炎症を起こし、赤いニキビができてしまうのです。

 

つまり、思春期ニキビの原因はホルモンバランスの乱れですね。これを治す方法は、きちんと洗顔をして毛穴のつまりを除くこと、アクネ菌を除去することです。思春期ニキビは時期が過ぎれば自然に治ります。

 

 

大人ニキビの原因

ところが大人ニキビの場合、思春期ニキビのように単純にはいきません。大人ニキビの原因はストレス、睡眠時間の乱れ、食習慣の乱れ、喫煙、飲酒、メイクなどによる刺激、月経前症候群など、さまざま。特定できないので改善も難しいのが大人ニキビなのです。また、ストレスや生理周期が原因なら、解決も決して簡単とはいえません。

 

ただし、ひとつ言えることは、大人ニキビの総合的な原因もまたホルモンバランスの乱れだということです。ストレスや食習慣の乱れ、睡眠不足などはみなホルモンバランスを乱す原因になります。ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが多くなったりすると、皮脂分泌が活発になるんですね。すると、皮膚の細胞が定期的に入れ替わる「角化」のサイクルも乱れやすくなります。

 

角化のサイクルが乱れると、毛穴に汚れや皮脂が詰まりやすくなります。毛穴が詰まるとそこで炎症が起き、赤くなったり膿がたまってしまったりして大人ニキビができてしまうのです。

 

大人ニキビは予防と早めの対処が肝心

大人ニキビは後に残りやすいという特徴があります。ホルモンバランスの乱れによって角化のサイクルが遅くなっていますから、治りも遅くなり気味です。ですから肌荒れの兆候を見逃さず、早めに対処することは大切です。